パーティーメンバー全員のキャラクターメイキングができる、RPG + タイピングゲームです。

ブラインドタッチの修得を重視した「単キー型」で、キーガイドを搭載しています。
→ ローマ字でタイピングを楽しみたい方は、次回作「光の絆の生徒達」の方をご確認ください。

  • Steam 版はこちら。
    • Steam 実績に対応。そのため Steam クライアントからの起動が必須です。

  • DLsite 版はこちら。
    • クライアントソフト無しで単独起動が可能。ただし実績機能に非対応です。

  • 動画

ゲームの紹介

キャラクターメイキングシステム

名前の変更

名前の変更 (心の力の生徒達)
  • 名前は、キーボードまたはコピペ等で自由に入力できます。
  • ひらがな、カタカナ、漢字 (JIS 人名漢字・第二水準も含む)、アルファベット、ギリシャ文字、キリル文字、その他各種記号など、約 7500 種類の文字が使用可能です。

容姿の変更

容姿の変更 (心の力の生徒達)
  • 容姿は、男女各 10 人、計 20 人のポートレイトの中から自由に選択できます。

戦闘システム (タイピングゲーム)

戦闘 (タイピング) のルール

タイピングによる戦闘 (心の力の生徒達)
  • ランダムで指定されるアルファベットの入力に成功すると、敵にダメージが入ります。
    • 序盤はアルファベットの抽選範囲が狭いので、タイピング初心者の方でも安心です。
  • ミスタイプするか、入力に時間がかかりすぎるとダメージを受けます。
  • 制限時間内に敵の HP を削り切ることができなければ「撃破失敗」です。

タイピング初心者の方向けには…

チュートリアル (心の力の生徒達)
  • キーガイドを搭載していますので、アルファベット全 26 文字のキーを、手元を一切見ずに入力する「ブラインドタッチ」を修得するためのタイピングゲームとして最適です。

タイピング上級者の方向けには…

難易度設定 INFERNO (心の力の生徒達)
  • ブラインドタッチができなければまずクリアできないような HARDEST や INFERNO という上級者・専門職向けの難易度設定が存在します。
  • 特に INFERNO は、本職のシステムエンジニアとして昼夜問わずキーボードを叩いてきた作者でも、安定してクリアすることは難しい地獄のような難易度です。

装備・錬金システム

ステージクリア報酬

ステージクリア報酬 (心の力の生徒達)
  • 敵を倒すと、報酬として「サイコストーン」という装備アイテムが手に入ります。
  • 終盤の難しいステージに挑戦したり、より高い難易度設定のステージをクリアすることで、レベルやレア度の高いサイコストーンを入手できます。

装備品 (サイコストーン) の錬金・エンチャント

装備・錬金システム (心の力の生徒達)
  • 報酬として手に入れたサイコストーンは、錬金システムで鍛えることができます。
  • さらにエンチャントで特殊な効果を付与すれば、EASY 級の腕前の方でも HARDEST, INFERNO の敵をオーバーキルすることも夢ではありません。
  • ただしストーリー「本編」のステージでは装備・錬金したサイコストーンは持ち込めません。本編だけは自力でクリアする必要があります。
    • (わざと難易度を EASY に下げて、先に本編をクリアしてしまえば良いというのは内緒…)

やり込みプレイヤー向けのスコアアタック

スコアアタック (心の力の生徒達)
  • 限界まで錬金・エンチャントを行い最大限に鍛えたら、本編クリア後に登場する「スコアアタック」に挑戦してみましょう。
  • スコアアタックに限り、敵の HP を削り切った後も、制限時間に達するまでの間は攻撃を続行することになります。
    • 特に INFERNO 級の腕前がある方は、装備・エンチャントの工夫次第で数千万のトータルダメージを叩き出すことも可能です。

メイキングしたキャラによる掛け合いがあるテキスト

イベント (心の力の生徒達)
  • 某「世●樹」の Adventure Episode のように、ゲーム中のイベントではキャラメイキングで設定した名前が登場します。
    • 脳内設定では賢いはずのキャラクターが、実はアホの子だった! …ということが起こり得るのも本作の醍醐味の 1 つです。
  • 逆に、どのキャラがあらかじめどんな行動をするのか調べておいてから、キャラクターメイキングを設定しなおすという遊び方も有りでしょう。

ダウンロード

動作確認のためにも、まずは「体験版」からプレイされることを強く推奨します。
体験版から正式版へのセーブデータ移行は、手作業無しできます。

Steam および DLsite にて、体験版正式版の両方を配信中です。

Steam 版

Steam 実績に対応そのため Steam クライアントからの起動が必須です。

DLsite 版

クライアントソフト無しで単独起動が可能。ただし実績機能に非対応です。